S


STOKKE

 ストッケ

ストッケ社は、デザインと機能にこだわる家具メーカーとして、ノルウェー北西部に1932年に設立されました。特に、座りながらにして色々な動きを可能にする椅子の開発には力を注ぎ、その機能性をこれまでにない時代を超えたデザインで実現させ、今日に至っています。
ストッケ社のメインデザイナーであるピーター・オプスヴィック氏は、人類の太古の時代から現代に至るまでの、人間の日常の動きについて緻密な研究と観察を重ね、トリップトラップチェアをはじめ、ストッケ社の多くの製品デザインを行っています。彼のテーマは、家族がテーブルを囲んで、「活動的」に過ごすための家具をつくるということです。

1972年にデビューしたトリップトラップは、彼の小さな息子のためにデザインされました。調節可能なシートとフットレストのおかげで、どんな年齢の子どもでも、完全な家族の一員として一緒にテーブルを囲む事ができるようになりました。

人間工学に基づいて制作されたトリップトラップは、安定性・快適性・信頼性に優れ、画期的なデザインで生まれた革命的な椅子です。一度座ったら手放せない座り心地は世界中で高い評価を受けています。

 

DADLYではトリップトラップのナチュラルカラーを展示しています。展示品にてお子様を実際に座らせてみることも可能です。また、組み立てサービスも行っています。