サイベックス・リベルが入荷しました。

サイベックスのウルトラコンパクトストローラー、リベルが入荷しました。

車の座席の下や自転車のカゴに入るほどコンパクトで、飛行機の機内持ち込みもできるサイズです。

重量も驚きの5.9kg、しかも耐荷重は22kgまでと、セカンドベビーカーとしておすすめです。

今回は入荷したばかりの展示品を使ってリベルのご紹介をしていきます。

セカンドベビーカーや軽量コンパクトベビーカーをご検討の方はぜひご一読ください。

 

サイベックス・リベル(LIBELLE)基本スペック

適応体重:22kgまで

参考年齢:一人座りができる生後六か月ごろから4歳ごろまで

重量:5.9kg(キャノピー除く)

サイズ:W520 / D710 / H1020mm 自立収納時:W320 / D200 / H480mm

 

※自転車のカゴに入るサイズではありますが、種類によります。

※飛行機の機内持ち込みについては航空会社へお問合せください。

 

さて、まずはサンキャノピーから。

軽量コンパクトが売りなのでサンキャノピーもシンプルです。拡張やメッシュ地の窓などは特に搭載されていません。

ただ、質感はそこそこ上質で開け閉めもしっかりできます。

フルフラットまでシートが倒れるわけではないので、キャノピーの深さも浅めに設計されています。

全体に必要十分という印象です。

ハンドルバーはこんな感じです。

持ち手が進行方向側に出ている構造です。

持った感じやや外側に出すぎている印象ですが、動かしてみると旋回がしやすかったり利点も多い構造です。

折りたたみの構造上このような作りになったと思われますが、そこまで使いにくい感じはありません。

ちなみにグリップの先の白いボタンは折りたたみ時に使用します。

続いてシートです。

こちらもかなりシンプルな作りです。

ハーネスは一本で肩と腰を固定するタイプです。

背もたれと座面の間があまりしっかり分かれておらず、緩やかにカーブしている印象です。こちらも折りたたみの構造上このような作りになったのではないかと思われます。

しかし、耐荷重22kgですので、お子様が成長して大きくなっても十分使えるだけの広さがあり、そのあたりはしっかりケアされている印象です。

足回りは一見するとイージーエスシリーズに似た印象です。

前輪にのみサスペンションが内蔵されています。走行時の細かな衝撃を吸収し、スムーズな走行性を実現しています。

お試し用の10kgの人形を乗せて走行してみましたが、ガタつきもなくスムーズでした。狭い通路を曲がったりする旋回性も十分あります。

こちらは後方からの図です。

画像中央のスイッチはストローラーのブレーキです。

これを足で踏むことで全体にブレーキが掛けられます。

やや位置が高い印象がありますが、慣れると逆に操作しやすいかと思います。

 

折りたたむとこのサイズです。

手順がやや複雑ですが、覚えてしまえばどうということはないレベルです。

展開もフレームを左右に開いて勢いよく起こすだけなので簡単です。

この状態で自立しますし、もちろん寝かせて置くこともできます。

持ち手などが無いのが少し残念ですが、なんといっても重量5.9kgですので、非常に軽く片手で簡単に持つことができます。

セカンドベビーカーとして手軽に使いたい方や、ご旅行などで頻繁に持ち歩かれる方におすすめです。

ちなみにこの状態でサイズはW320 / D200 / H480mmです。

以上、簡単なご紹介とさせていただきます。

 

折りたたみの手順や走行性、実際のサイズ感などは店頭にてご覧ください。

他メーカーのストローラーも多数お取り扱いしておりますので、最適なベビーカーを見つけられるかと思います。

ベビーカーをご検討の方はぜひご来店ください。