バガブー・ビー6のご紹介

コンパクトでありながら優れた走破性と機動力を併せ持つ街乗りストローラー、バガブー・ビーに新型の登場です。

バガブー・ビー6は、これまでのバガブー・ビーでは採用されてこなかったフロントバーが搭載され、タイヤサイズの拡大、ピーカブーウインドウなど、新たな要素を多数盛り込んだストローラーになっています。

 

今回はそんなバガブー・ビー6を発売に先駆けてご紹介していきます。

細部にまでこだわったバガブー・ビー6の機能をぜひご覧ください。

 

バガブー・ビー6の発売は10月31日を予定しております。

先行でのご予約も承っております。

 

まずはサンキャノピーのご紹介です。

こちらは今回のバガブー・ビー6から採用されたピーカブーウインドウです。

サンキャノピー前方に黒のメッシュウインドウ、後方にも通気のウインドウを装備しました。

夏の暑い時期でも二つのウインドウを開けることで通気が期待できます。

もちろん冬場などの寒い時期は収納して通常のサンキャノピーの状態にすることもできます。

こちらはフロントバーです。

こちらもピーカブーウインドウ同様に今回から採用された新要素となります。

左右両方にボタンがあり、どちらの方向からでも取り外しができます。

お子様を乗せる際は、邪魔にならないように片方を外して乗せます。

ハンドルグリップと同様に中央に高級感のあるブラックの合皮が採用されています。

こちらも今回のバガブー・ビー6からの新搭載となります。

お子様が座るシートユニットのバックプレートに通気の穴を設けました。

今回、シートファブリックの下のウレタンシートが無くなり、直にシートファブリックを取り付ける形となりましたので、こちらの通気の穴によって、夏場の背中部分の通気が期待できます。

画像のようにシートを伸ばした状態のバックプレートの中側にも通気の穴が装備されています。

タイヤサイズも大きくなっています。

タイヤサイズ拡大により、旋回性が増し、更なる走破性の向上が成されています。

お子様の体重が増してきても、ベビーカー本体の押出しが軽く、小回りも効きます。

デザイン上もタイヤ上部のパーツがホワイトからブラックに変更になりました。以前のモデルでは経年で黒く汚れたりしていましたが、バガブー・ビー6ではブラックで統一されましたので、そういった心配はありません。



バガブー・ビー6では、その他にも多数のマイナーチェンジが施されています。

画像でもお分かりになると思いますが、ハンドルバー左右のパーツ追加や、フレームのビス止めの塗装など、デザイン面でも更なるスタイリッシュ化が進められました。

 

冒頭でもお伝えしましたが、発売に先駆けて店頭での展示を開始しております。

他メーカーのストローラーとの押し比べなど比較検討も可能ですので、ベビーカーをご検討の方はぜひご来店ください。

当店オリジナルの会員サービスもご用意しております。

詳しくは店頭でお尋ねください。