オランダ発の高機能ベビーカー・Bugaboo bee(バガブー・ビー)が入荷しました -後編-

2013.8.9

前編に引き続き、Bugaboo Bee(バガブー・ビー)の機能説明をいたします。

前編ではサンキャノピーや足回り、シートの伸縮やリクライニングについて説明しましたが、今回はベビーカーにとって重要な、折りたたみやベビーシートとのドッキングについてご説明します。

 

まずは持ち手の高さ調整からです。

 

 

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)の持ち手は左右連結型で、実際に持つ部分にはクッションが巻かれています。画像のように白いパーツを開くと高さの調整が可能になります。

オランダのベビーカーだけあってかなり高い位置まで調整できますので、背の高い男性でも楽なポジションにすることができます。

調整は軽く引き上げるか下げるだけで簡単に行えます。高さが決まったら白いパーツを元に戻しロックします。

 


折りたたむ時はグリップの高さ調整のパーツの反対にあるパーツを使います。

左上の画像のように両手で黒いボタンを押しつつパーツをスライドさせると、半自動的に折りたたまれ右上の画像のようになります。

グリップを持って持ち上げれば左のように転がして持ち歩くことも可能です。

折りたたむ際はシートの角度調整が必要です。持ち歩く際は、前輪を反対向きにしロックをかけると転がりがスムーズになります。

気になる自立機能ですが、縦向きでの自立はできませんが、横に倒せば可能です。室内での保管の際や、お車での収納の際など使わない時の保管にちょうどいいです。

フレーム全体の作りがしっかりしているので、倒れたり不安定になることもありませんので安心です。

横向きの自立の場合は前輪にロックをかけて動かないように固定したほうがいいと思います。

横向きはちょっと・・・という方は左の画像のようにタイヤを斜めにして転がらないようにしてあげれば、壁にもたれさせることもできます。

他の大型ベビーカーの不安定な自立よりもこちらの方がかえって安心かもしれません。

 

※タイヤの調整が微妙ですので、倒れないように注意が必要です。


 

本体を開く際は、アンダーシートバスケットの後ろにあるブレーキパーツを踏みます。グッと深く踏み込むと、中心になっているフレームに黒い連結部がスライドして本体が開きます。カチッと音がして右の画像のようにグリーンのインジケーターがでたらOKです。

 

続いてはシートの外し方、対面式の切り替え方をご説明します。

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)はフレームとシートが独立したパーツとなっていますので、自由に付け外しが可能です。

シートを外す際は画像のようにシートをいっぱいまで前に倒します。

限界まで前に倒すとシートが少し浮いた感じになり外れますので、そのまま引き上げます。

 


シートを引き上げると左上のように連結部分が見えます。

対面式に切り替える場合は、シートを反対にして元のように差し込むだけです。これで右上の画像のように対面式に切り替わります。

右の画像は対面にした上でリクライニングを最大まで倒し、フルフラットの状態にしたものです。お子様が新生児の状態の場合、対面フルフラットで寝かせてあげるとよいかもしれません。

 

さて、いよいよ最後となりましたが、カーシートアダプターのご紹介です。

まずはマキシコシ用です。マキシコシ用はカブリオFIXとペブルに対応しています。

ご覧のようにシートを付けたままでアダプターを付けることができます。これは他のベビーカーにはない特筆すべきポイントです。

アダプターはワンタッチでパチッと簡単に取り付けることができます。もちろん片手でできます。

 

 アダプターを取り付けたら、ベビーシートを上から差し込みます。

差し込みの感覚は驚くほどスムーズです。

 


 

左はマキシコシ・ペブル、右はカブリオFIXです。

どちらも取り付け位置が高すぎず、操作しやすいのがポイントです。

取り外しは少しベビーシートを引き上げながら行うと外しやすいです。

 

続いてレーマーのSHR2用アダプターです。

こちらもワンタッチで簡単に取り付けできます。もちろん片手でOKです。

マキシコシ用も同様ですが、左右の遊びも少なく、ベビーシートを取り付ける際のガタもありません。

もちろんシートは付けたままで取り付けできます。シートはベビーシートの取り付けの兼ね合いでかなり倒しておく必要があります。

 

SHR2を取り付けるとこんなかんじです。

SHR2は取り外しの際、ハンドルグリップのボタンを押すだけでロックが外れますので、片手でスムーズに取り外しができます。

マキシコシ同様に取り付け位置が高すぎず操作しやすいのは変わりません。背のあまり高くない女性でも取り付け、取り外しがスムーズに行える高さ設定となっています。

 

今回、前編・後編に分けてご紹介したBugaboo Bee(バガブー・ビー)は店頭でご覧いただけます。

ベビーシートも豊富にそろえておりますので、アダプターを使ってのドッキングもお試しいただけます。

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)の優れた操作性をどうぞご体験ください。

ご来店お待ちしております。

 

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)本体:¥75,086(TAX IN)

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)用サンキャノピー:¥6,994(TAX IN)

Bugaboo Bee(バガブー・ビー)本体+サンキャノピー:¥82,080(TAX IN)

マキシコシ用アダプター:¥5,966(TAX IN)

ブライタックス・レーマー用アダプター:¥5,966(TAX IN)

 

 

2017.3.22 追記

現在の最新モデルはバガブー・ビー5(ファイブ)です。

バガブー・ビー5(ファイブ)のブログ記事は以下のリンクからご覧いただけます。

店頭、オンラインショップにて絶賛販売中です。

 

さらなる進化を遂げたシティライフストローラー、バガブー・ビー5(ファイブ)が発売されます

バガブー・ビー5(ファイブ)の詳細をご紹介

 

遠方でご来店が難しいお客様は、当店オンラインショップでもご購入いただけます。

当店オンラインショップではバガブー・ビー5(ファイブ)の組み立てサービスを実施中です。

バガブー・ビーの新型モデル、バガブー・ビー5(ファイブ)は下のバナーからご覧いただけます。

Shop Info

DADLY-ダッドリー

〒486-0912

 愛知県春日井市高山町

 1-20-6

 ヴィレッジハヤシ1F 

 TEL 0568(29)8468

 FAX 0568(29)8469

 e-mail

  mail@dadly.jp

 

 営業時間

  10:30~19:00

定休日

  夏季、年末年始

駐車場

 8台

  map>>

 

Online shop

Menu

Concept

 

Brands  

 

Blog

 

Customer's Voice 

 

Shop Infomation

 

Contact

 

Online Shop

 

Brands

バナーをクリックしていただくと、それぞれのジャンルのブランド、メーカーをご覧いただけます。