レーマー デュオプラスのご紹介

先日のレーマーベビーセーフ・プレミアム SHR2のご紹介に続きまして、今回は汎用ISOFIXという新しいチャイルドシートの装着規格を採用したチャイルドシート「デュオプラス」をご紹介します。

ISOFIX(アイソフィックス)とは、チャイルドシートの装着ミスを防止するために開発された新しい装着規格です。自動車の座席側に取り付けられた専用金具にチャイルドシートをドッキングさせることで、誰でも確実に固定することができます。

レーマーは1997年に世界で始めてこのシステムを採用したチャイルドシートを製品化しています。

 

デュオプラスには画像のような金具が装備されています。この金具を車の座席下に内蔵されているロアアンカレッジにつなげ、背面部に収納されているトップテザーを、車側の座席上部または背面部に備えられているトップテザーアンカレッジにつなぐことで固定します。

文章で書くと簡単な印象ですが、実際の取り付けはお車によってそれぞれ個性がありますのでコツが必要となります。


 

上の画像のように車側のロアアンカレッジにつなぎ、押し込むと右の画像のような形になります。

さらにトップテザーをシートから取り出し、座席裏もしくは上部に付いているトップテザーアンカレッジにつなぎます。アンカレッジはお車の車種によってさまざまな場所にあります。それによってテザーの引き締め具合や方法も異なりますので注意が必要です。

 

デュオプラスはISOFIX以外にもシートベルトでの固定も可能となっています。

ISOFIXでの取り付けはもちろんですが、シートベルトでの取り付け方法も店頭にて専門スタッフがご説明しております。

ISOFIXに関しましては、車種適合表やお車の取扱説明書などで取り付け可能かを調べる必要もありますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

 

 

その他の機能も簡単にご紹介します。

右の画像はスライディングヘッドレスト&ハーネスのワンタッチ7段階調節の様子です。シート裏側のつまみを動かすだけで簡単に7段階の調整が可能です。調整の度にテザーを緩める必要があって面倒では? と思われるかもしれませんが、ヘッドレスト&ハーネスの調整はそこまで頻繁に変える場所ではないのでご心配はいりません。

 

デュオプラスは生後9ヵ月位から4歳位まで、体重では9kg位から18kg位までご使用いただけます。

衝突時の前方への移動エネルギーを下方向に転換させることで、頭部の移動距離を大幅に減少させるという独自アイデア「ピボット・リンク」の採用によって、 前方の座席などの内装類にお子様の頭部が接触するといった危険性が軽減されています。また、お子様を事故から守るシートシェルは、全体に深めの設計となっていて、全方位からの衝撃から効果的にお子様を守ります。余裕のあるサイズ設計となっていますので成長の早いお子様でも安心です。

 

当店では今回ご紹介したデュオプラスのリサを展示品としてご用意しています。

デモ什器を使っての取り付けの解説や、お車への取り付けのコツなども店頭でご説明させていただいています。興味をお持ちのお客様は是非ご来店ください。

 

 

デュオプラス:¥63,000(TAX IN)

 

取り付けのイメージの参考に動画をご覧下さい。

ドイツではトップテザーはオプションとなっていますので、取り付け手順は省かれています。ご了承ください。

 

こちらはベビーセーフ・プレミアムSHR2でもご覧いただきました衝突実験の様子です。

厳密にはこちらはセーフフィックスプラスという別の機種となりますが、ISOFIXでトップテザー固定というシステムがデュオプラスと同じですので、参考になればと思います。


レーマー・デュオプラスはオンラインショップでもご購入いただけます。