タカタ312-スマートフィックスJrが入荷しました

今日も朝から腹痛で苦しんでいるオーナーの三浦です。おなかよわいです。

今回、新入荷しましたのは、タカタさんのジュニアシートです。適合年齢は製品名の数字、312が示していてますので3歳~12歳用のシートということになります。(ちなみに同社の製品の04シリーズは0~4歳向けということになります)

最大の特徴は「フレキシブルサイズ調整機能」によって、お子様の身長に合わせてヘッドサポートを動かすと同時に、自動でサイドサポートも稼動しサイズを変化させる機構が組み込まれている点です。これにより常に最適なサイドサポートが得られると共に、全体に小型化が図られています。

 

今回はご紹介ということで息子(6歳、身長約120cm)に試しに装着してみました。

 


身長に合わせてサイズ調整をして装着。

サイドサポートがかなりピッタリな感じに。コンパクトなので、2台以上チャイルド&ジュニアシートを装着される場合、車内の圧迫感が軽減されるのでは?と思います。

 

肩にあるシートベルトガイドはバネが内蔵されており、シートベルトが脱落しにくい設計になっています。また、シートベルトの通る場所が腰ではなく大腿部になっているのも特徴的。人間の骨格の中で一番太い骨である大腿骨を押さえることで、前方斜め上方向への力を抑えようという狙いがあるのではないかと思います。

 

ヘッドサポートは若干タイトな作り。お子様が寝てしまったとき体勢が崩れにくいのと、側面衝突時の首へのダメージ軽減が期待できます。

 

高さ調整もスケールウインドウで一目で分かるのが良心的。

ヘッドサポート下のウインドウを見ながらヘッドサポートを一番上まで引き上げると、最大で150cm対応まで調整できます。一番下まで下げると100cm対応となります。



ヘッドサポートを一番上まで引き上げると、フォールディングポジションになり畳むことができます。重量6.1㎏と比較的軽量で、かつコンパクトになりますので普段使わない時は畳んでトランクに入れておけます。

価格は前モデルの¥35,800(TAX IN)から¥19,800(TAX IN)に大きくプライスダウン。コストパフォーマンスは抜群といって良いですね。BMW他ドイツ車各社に純正採用もされているので性能も折り紙つきです。

 

takata312-smartfix junior:¥19,800(TAX IN)